ワキによくできてしまう埋もれ毛の悩み

女性なら欠かせないムダ毛の処理の場所の代表とも言えるワキ。

私はお世辞にもムダ毛が少ないと言える体質ではありません。

薄着になる季節は、特にワキ毛の処理が甘いと恥ずかしい思いをするので気を抜けません。

ワキ毛は主に毛抜きで処理をしてるのですが、その時に出来てしまうのが埋もれ毛なんです。

次にまた生えてきた毛が毛穴に埋もれてしまい、出てこれなくなってポコッと腫れてしまうこともあります。

じゃあ毛抜きで処理しなければいいと思うのですが、カミソリでジャッと一気に剃ると早くていいけどまたすぐにポツポツ生えてくるし、何よりもお肌が荒れ放題になってしまいます。

なので、どうしても手軽ですぐに処理できる毛抜きに頼ってしまうんです。

ワキに出来た埋もれ毛を発見したとき、良くないとわかっているのにそれをついつい毛抜きでほじくって、埋もれた毛を引っ張り出してしまいます。

すると、想像以上に毛穴から長い毛が出てきた時の爽快感がけっこう好きです。

でも、それをついついやってしまった後にお肌が傷ついて、下手すると膿んでしまったりするので、正直言って絶対にやらないほうがいいと思います。

埋もれ毛を作らないためには、やはりムダ毛を処理した後にしっかり毛穴を引き締めることが大事だと感じます。

毛抜きで処理してしまうと、どうしても毛穴が広がってしまって埋もれ毛の原因となります。

もし、時間に余裕があるなら埋没毛用のクリームを使用して、ケアしたほうが埋もれ毛が出来なくてオススメです。